【体験談】医療脱毛のVIOは恥ずかしい思いはなかったです

 

もともと脇や手足の美容のために脱毛サロンへ通っていたことがあるのですが、けっこうまめに通わなければならず、まだ若かったので時間も作れてよかったのですが、今では忙しくてとてもそんなに頻繁に通うわけも行かない状態でした。

 

再び脱毛に通おうかと思い始めたきっかけは、デリケートゾーンの肌トラブルが続いていたことでした。
VIOラインは脱毛を受けていなかったので伸ばしたままなのですが、これが原因となってデリケートゾーンのかゆみや臭いが発生しているような気がしていました。

 

ためしに除毛処理をしてみたところ、生理時にも肌が荒れることなく、肌トラブルの度に使用していた軟膏の薬も使わないようになりました
このままの状態を維持したいと思って脱毛を考えていたのですが、少ない回数で早く完了できればと思っていました。そこで、美容クリニックのVIO脱毛で挑戦することにしたのです。

 

医療レーザーによるVIO脱毛は高い効果があることは知っていたのですが、クリニックでもあることから男性もいたことに当たり前なのですが驚いてしまいました。
脱毛サロンでは、女性専用サロンでもあったのでカーテン一枚で仕切られたような場所でも男性の視線を気にすることはなかったのですが、クリニックとなれば違ってきます。

 

VIOラインの脱毛は恥ずかしいと思いながら施術室に入ったのですが、完全個室の部屋だったので安心して受けることができました
VIOの施術中は、とくに足を大きく開くなどの恥ずかしい恰好をすることなく、処理する部分だけのタオルをどけて脱毛してもらったので、居心地が悪いということもありませんでした。